快適な住まい作り|エアコン取り付けをするならば業者に依頼をしてみましょう

エアコン取り付けをするならば業者に依頼をしてみましょう

室内

快適な住まい作り

女の人

住宅における室内温度の快適さというのは、断熱材の有無によって大きく変わります。断熱材というのは、熱伝導率を現象させることのできる素材のことで、「発砲プラスチック系」のものと「繊維系」の二つに分けることが可能です。発砲プラスチック系の断熱材は、プラスチックを発砲させ気泡を作ったものを指し、様々な素材を加工して繊維状にしたものを繊維系と呼びます。繊維系は更に細分化することが可能で、ガラスや鉱物等の原料を繊維状にしたものであれば「無繊維系」、パルプや古紙といった原料を繊維状にしたものは「木質繊維系」と分類されるのです。

断熱材には種類の違いに加え、形状にも違いがあります。無機繊維系の断熱材であればフェルト状のものやバラ状のものがあり、発砲プラスチック系はボード状や現場発泡、木質繊維系に限りばら状のみとなります。住宅において、より高い断熱効果を得たいと考えているのであれば、断熱材と断熱工法の選択が大切です。断熱材を選ぶ際には、断熱性能を始めとして、耐久性・耐熱性・防音性・施工性・安全性・環境負荷レベル等の要素から検討する必要があります。検討する時には、自身の住まいに最も適した素材を選ぶようにしましょう。断熱工法については、外張り断熱か充填断熱、そのどちらかを防湿層、透湿層、通気層とどう組み合わせるかといったポイントをしっかりと考える必要があります。それらのポイントに沿って住まい環境に合った断熱材を最適な方法で施工することができれば、電気代を大幅に削減することができる他、快適な環境を整えることができるでしょう。